デリケートゾーンの脱毛

Vライン脱毛は様々な方法でできます。
大きく分けると自己処理、そして脱毛のプロにしてもらうものです。
自己処理で多いのは脱毛器や毛抜き、脱毛剤やワックスなどです。

ただ、これらは一時的なものなのでまたすぐに生えてきてしまいます。
生え始めはチクチクとし、痛痒いので繰り返し処理を行うことになります。
繰り返し頻繁に自己処理を行うことで、お肌には大きな負担がかかります。

Vラインの皮膚は薄く弱いのですが、毛は太いことが多いと思います。
弱いお肌にも関わらず、無理に太い毛を引き抜くことで赤く炎症を起こしやすくなります。

脱毛剤は毛を溶かす薬品なので、お肌にももちろん負担がかかります。
使用する場合には、必ずデリケートゾーン専用のものを使用し、使用前にはパッチテストをしてください。

自己処理は手軽にできるのがメリットですが確実にお肌を傷めるので、頻繁に処理をしない方には良いかもしれませんが、常に綺麗にしておきたいという方にはお薦めできません。

常に綺麗な状態で、高い効果を求める方はやはりプロによる脱毛が確実です。
脱毛はエステや医療機関でできます。それぞれ使用している機器や効果に違いがあります。

エステでできるのは光脱毛というのもです。
脱毛したい部位に光を照射します。光は毛の元の黒い色素に反応し、毛の元となる毛乳頭にダメージを与え毛を生えにくくするのです。
一度で綺麗になるのではなく毛の周期に合わせて定期的に通うことで、毛は徐々に薄くなっていきます。
ただ永久ではありません。

永久脱毛を求めるのであれば医療機関です。
医療用として認可された機器を使用するため、強い出力での照射が可能です。
毛の元を破壊することができるので永久脱毛が可能です。
Vライン脱毛にも効果的なので、確実な効果を求めている方は医療機関がお薦めです。

最近ではVIOを脱毛するハイジニーナ脱毛が流行っています。
清潔、処理いらず、可愛い下着も着けられる・・・など、さまざまなメリットがあるようです。
>> ハイジニーナ脱毛のメリット