ハイジニーナ脱毛で火傷してしまいました。

デリケートゾーンは皮膚が弱く敏感な部分です。
また他の部位に比べ、色素沈着していることが多い部分です。光脱毛は黒い色素に反応するため、色素沈着している部位や日焼けしていると施術ができません。

色素沈着はひどくなければ施術ができますが、照射する出力には注意しなくてはいけません。
出力は強い方がもちろん効果的なのですが、皮膚が薄い部分や色素沈着している部分に当てると炎症を起こしてしまいます。

軽い火傷を起こしているのと同じような状態です。そのため痒みが出て、ひどいとただれてしまいます。
エステではそういった場合に冷やすことしか処置することができません。
医師がいるわけではないので薬は処方できません。

恥ずかしい部位ではありますが、きちんと皮膚科を受診することをお薦めします。
脱毛を扱っている皮膚科でしたら状況を把握してもらいやすいと思います。

エステでは無資格の者が施術を行うため、トラブルが多く起こります。
そして万が一のことがあっても処置することができません。
やはり脱毛は医療機関ですべきです。医師であれば、きちんとお肌の状態を見極め、適切な出力での施術ができます。肌トラブルが起こっても薬を処方することができます。

今回の場合は明らかにエステ側にミスがあるように感じます。
消費者センターなどに相談し、返金対応してもらえるようにしましょう。
まずはきちんと治療し、お肌の状態を整えなくてはいけません。
なるべく早く受診してくださいね。

草加の脱毛サロンの極め
今関東草加の脱毛サロンがすごく熱い!!そんな貴女の視線を釘付けにする脱毛施術はこれだ!

そうだ、草加で脱毛しよう